根管治療・歯内療法で専門医をお探しなら大阪根管治療センターへ

地下鉄心斎橋駅より徒歩1
06-4708-8894
  • 〒542-0081 大阪府大阪市中央区南船場4-5-8 ラスターオン心斎橋301
  • 平日19時30分まで ※土曜は午前診療のみ

根幹治療中にスーパーボンドを使うときはどういうとき?

ブログ

根幹治療中にスーパーボンドを使うときはどういうとき?

2017年08月09日

大阪でも数多くの患者さんが根管治療を行っていますが、実は治療には歯科医師によってわずかな差が出てくるというのをご存知でしょうか。この差の一つとしてあげられるのが接着剤の有効活用です。

 

大阪にある歯科医院の多くは歯科治療に接着剤を利用しています。根管治療はまず、悪くなってしまった歯髄を取り除き、しっかりと根管の形を整えることから始まります。この時にしっかりと根管内を消毒し、綺麗な根管を作ることが根管治療成功の秘訣です。消毒が完了した後にはまず根管内を密閉するための歯科材料を詰めていきます。この時にスーパーボンドが役に立つことがあります。スーパーボンドは体内の水分によって接着能力が高くなる材料で、この接着剤をうまく使うと根の先端部にある細い穴と材料との接着がよくなり、根管治療が成功しやすくなります。

 

また、根管内でわずかな歯のひび割れを発見した時にもこのスーパーボンドが役立ちます。スーパーボンドでひびを埋めることができれば歯を残せる可能性がある症例も報告されています。ひびの入り方次第ですが、破折してしまった歯も残すことができるのです。

 

スーパーボンドは大阪でも広く使われている接着剤で、多くの歯科医院がスーパーボンドを利用しています。スーパーボンドを使った治療を成功させるためにもしっかと腕のある歯科医師と相談しながら治療をすることが重要で、歯科医師の技量を見極めながら治療を受ける必要があるのです。

「心斎橋駅」より徒歩1分
「四ツ橋駅」より徒歩3分
アクセス便利な矯正歯科医院

地下鉄各線のご利用がご便利です

心斎橋駅よりお越しの方
大阪市営地下鉄 御堂筋線・長堀鶴見緑地線「心斎橋駅」より徒歩1分
クリスタ長堀 北11番出口すぐ
四ツ橋駅よりお越しの方
大阪市営地下鉄 四つ橋線「四ツ橋駅」 1-A出口より徒歩3分 or
クリスタ長堀 北11番出口すぐ

pagetop