根管治療・歯内療法で専門医をお探しなら大阪根管治療センターへ

地下鉄心斎橋駅より徒歩1
06-4708-8894
  • 〒542-0081 大阪府大阪市中央区南船場4-5-8 ラスターオン心斎橋301
  • 平日19時30分まで ※土曜は午前診療のみ

細菌に対する処置

細菌に対する処置

細菌に対する処置

治療中にも、唾液の細菌が根管内に細菌が入り込むチャンスがあります。
ラバーダムを使用することで、唾液の細菌が根の中に入るのを防ぐことができます。

細菌に対する処置

当院が抜歯しない理由

  1. 1唾液による感染を防ぐことが出来る
    ラバーダムを使用することによって、歯の根の中に細菌が入るのを防ぎ、治療を行うことが出来ます。歯の根の中にある神経が死んでしまうと、自然に改善することはありません。その場合、根管治療をして歯の根の中をきれいにする必要があります。ラバーダムを行わずに根管治療を行うと歯の根の中をきれいにしても、唾液の細菌によって再度感染してしまう為、根管治療の成功率が下がってしまいます。
  2. 2治療部分を消毒出来る
    根管治療を行う部分は清潔な状態で行う必要があります。しかし、消毒してもすぐに唾液によって消毒剤が流されてしまいます。ラバーダムを使うことで、消毒剤が唾液に流されずに、清潔な状態で治療が出来ます。
  3. 3水分を遮断出来る
    歯の根の治療を行った後、再度細菌に感染しないように薬を詰めます。薬を詰めるときには歯の根の中を乾燥させ、薬を歯に密着させます。口の中は湿度が高く、乾燥しにくい状態ですが、ラバーダムをつけることによって、呼吸中の水分を防ぐことができるので、歯の根の中にしっかり薬を入れることが出来ます。
  4. 4殺菌力の強い薬を使用することが出来る
    歯の根の中を消毒する際に、殺菌力の強い消毒剤を使用することがあります。消毒剤を口の中に入ると苦かったり、熱く感じることがありますが、ラバーダムをすることで口の中に消毒剤が漏れ出すのを防ぐことが出来るので、殺菌力の強い消毒剤を使用することができます。
  5. 5器具が口の中に落下するのを防ぐ
    ラバーダムを使用することで、口の中に器具が落下することを防ぐことができます。根管治療の際は針金のように尖った器具を使います。ラバーダムがあることで器具が口の中に落ちたり、器具で舌や頬を傷つけることや、間違って飲み込んでしまうことを防止することが出来ます。

「心斎橋駅」より徒歩1分
「四ツ橋駅」より徒歩3分
アクセス便利な矯正歯科医院

地下鉄各線のご利用がご便利です

心斎橋駅よりお越しの方
大阪市営地下鉄 御堂筋線・長堀鶴見緑地線「心斎橋駅」より徒歩1分
クリスタ長堀 北11番出口すぐ
四ツ橋駅よりお越しの方
大阪市営地下鉄 四つ橋線「四ツ橋駅」 1-A出口より徒歩3分 or
クリスタ長堀 北11番出口すぐ

pagetop