根管治療・歯内療法で専門医をお探しなら大阪根管治療センターへ

地下鉄心斎橋駅より徒歩1
06-4708-8894
  • 〒542-0081 大阪府大阪市中央区南船場4-5-8 ラスターオン心斎橋301
  • 平日19時30分まで ※土曜は午前診療のみ

カルシペックスを用いた根幹治療とは?

ブログ

カルシペックスを用いた根幹治療とは?

2017年08月05日

根管治療で欠かせない歯科材料の一つにカルシペックスがあります。大阪でも多くの歯科医院で使われているので、ご存知の方もいるのではないでしょうか。実はカルシペックスというのは欧米ではこの薬以外を用いる人が居ないというほど一般的な薬で、根管治療を終え、根の中の根管内を消毒密閉した後にさらにその上から密閉するために用いる薬として知られています。おそらく大阪にある歯科医院の大半が導入をしているのではないでしょうか。

 

水酸化カルシウムを主体にしたカルシペックスは強いアルカリ性の成分を含んでいるので、細菌の繁殖を防ぐ事ができ、非常に便利な薬として使う事ができます。大人の根管治療だけでなく子供の根管治療にも用いるほど一般的な薬で、根管治療を行う時に欠かせない薬です。水溶性の成分なので、利用した後にはさらにその上から蓋をする必要があり、非常に多くの患者さんがこのカルシペックスを利用しています。

 

根管治療で重要なのが何と言っても細菌の最繁殖を防ぐことです。この細菌の最繁殖を防ぐためにもカルシペックスのような治療薬は非常に重要なものとして考えられています。根管治療が失敗してしまうと再び根管治療を行う必要があり、患者さんにとって多くの負担が強いられます。根管治療を行う時に活躍するカルシペックスは再発防止などの様々な場所で役に立つ非常に優れた薬なのです。子供の成長途中の歯の治療でも活躍する薬なので、大人と子供の両方の歯の治療で知っておくと良いかもしれません。

「心斎橋駅」より徒歩1分
「四ツ橋駅」より徒歩3分
アクセス便利な矯正歯科医院

地下鉄各線のご利用がご便利です

心斎橋駅よりお越しの方
大阪市営地下鉄 御堂筋線・長堀鶴見緑地線「心斎橋駅」より徒歩1分
クリスタ長堀 北11番出口すぐ
四ツ橋駅よりお越しの方
大阪市営地下鉄 四つ橋線「四ツ橋駅」 1-A出口より徒歩3分 or
クリスタ長堀 北11番出口すぐ

pagetop