根管治療・歯内療法で専門医をお探しなら根管治療・歯内療法専門サイト 心斎橋デンタルクリニック

地下鉄心斎橋駅より徒歩1
06-4708-8894
  • 〒542-0081 大阪府大阪市中央区南船場4-5-8 ラスターオン心斎橋301
  • 平日19時30分まで ※木曜・日祝休診 ※土曜は午前診療のみ

歯性上顎洞炎での根管について

ブログ

歯性上顎洞炎での根管について

2017年07月28日

歯性上顎洞炎というのは歯のトラブルが原因となって上顎洞に炎症が起こる疾患で、根管の治療が原因で上顎洞に炎症が起こり、頭痛や頬の重さを感じるような疾患です。大阪でも歯性上顎洞炎を引き起こす方がいるので、注意が必要で、大阪だけでなく近隣の歯科医院でも治療の際に最新の注意を払って治療が行われています。

 

歯性上顎洞炎が起こるのは歯の根の先端部に異常が起こった場合に炎症が上顎洞まで広がってしまうことで発症します。このため、歯が原因となっている上顎洞炎は歯の治療を行うことで症状が改善し、耳鼻科の治療を受ける前に歯科の治療を受ける必要があるのです。

 

歯性上顎洞炎は根管治療が原因で発症することもあります。根管治療を行うときに歯科材料が歯の根から飛び出てしまう事で炎症が起こる事があり、非常に強い炎症が発症する事があります。このような場合にも根管治療をやり直す事で症状が改善するので、歯性上顎洞炎を疑ったときにはしっかりと治療を施す事が重要なのです。

 

大阪でも多くの患者さんが感染根管治療を受けています。しかし、近年では歯性上顎洞炎を患っている患者さんの数は少なく、根管治療を施す技術が向上しているのだと思います。大阪近郊にお住まいで、根管治療後の違和感や根管治療後に頭痛がするようになった方は一度ご相談ください。適切な治療を施す事で歯性上顎洞炎は改善します。独力ではなかなか改善する事が出来ないので、お困りの際はすぐにご連絡ください。

  • 大阪でインビザライン最安値宣言|インビザラインが国内最安値55.5万円
  • 芦屋 矯正歯科で評判多数|芦屋MA歯科・矯正歯科

「心斎橋駅」より徒歩1分
「四ツ橋駅」より徒歩3分
アクセス便利な矯正歯科医院

地下鉄各線のご利用がご便利です

心斎橋駅よりお越しの方
大阪市営地下鉄 御堂筋線・長堀鶴見緑地線「心斎橋駅」より徒歩1分
クリスタ長堀 北11番出口すぐ
四ツ橋駅よりお越しの方
大阪市営地下鉄 四つ橋線「四ツ橋駅」 1-A出口より徒歩3分 or
クリスタ長堀 北11番出口すぐ

pagetop