根管治療・歯内療法で専門医をお探しなら根管治療・歯内療法専門サイト 心斎橋デンタルクリニック

地下鉄心斎橋駅より徒歩1
06-4708-8894
  • 〒542-0081 大阪府大阪市中央区南船場4-5-8 ラスターオン心斎橋301
  • 平日19時30分まで ※木曜・日祝休診 ※土曜は午前診療のみ

「根管治療後にレントゲンを撮る歯科と撮らない歯科の違いは?」

ブログ

「根管治療後にレントゲンを撮る歯科と撮らない歯科の違いは?」

2017年07月20日

根管治療を受けられる患者さんは大阪だけでもかなりの数に上り、根管治療に対する認識が徐々に広がっていくのを感じています。実は根管治療では治療の良し悪しを判断する重要なポイントがあって、レントゲン写真を有効活用した治療ができることが非常に重要な要素として認識されているのです。

 

まず、根管治療において気をつけたいのが歯根の内部に充填材であるガッタパーチャなどの歯科材料をしっかりと根の先端部にまで詰めることができているか、それも根からはみ出たりせずぴったりと根の先端に到達しているかという着眼点です。これは治療後の歯の痛みや違和感を防ぐ上で非常に重要で、中途半端にしか充填されていなかったり、あまりに飛び出過ぎてしまっている場合には根管治療のやり直しが必要になるのです。このような根管治療の仕上がりを確認するためにしっかりとレントゲン写真を使って確認することが重要です。

 

根管治療後に全ての根管にしっかりと材料が充填されていればそれだけで再発の可能性も防げますし、何よりもその確認をせずに治療を終えるのは患者さんに治療の仕上がりを伝えずに治療を終えることになるので適切な判断とは言えません。根管治療後にレントゲン写真を撮影し、治療の仕上がりを確認するのは非常に大切なことです。

 

大阪で根管治療を受けられる方の中には根管治療に不安を抱いている方もいるかもしれません。しっかりと不安のない治療ができるように根管治療の仕上がりを確認するのが重要なのです。

  • 大阪でインビザライン最安値宣言|インビザラインが国内最安値55.5万円
  • 芦屋 矯正歯科で評判多数|芦屋MA歯科・矯正歯科

「心斎橋駅」より徒歩1分
「四ツ橋駅」より徒歩3分
アクセス便利な矯正歯科医院

地下鉄各線のご利用がご便利です

心斎橋駅よりお越しの方
大阪市営地下鉄 御堂筋線・長堀鶴見緑地線「心斎橋駅」より徒歩1分
クリスタ長堀 北11番出口すぐ
四ツ橋駅よりお越しの方
大阪市営地下鉄 四つ橋線「四ツ橋駅」 1-A出口より徒歩3分 or
クリスタ長堀 北11番出口すぐ

pagetop