根管治療・歯内療法で専門医をお探しなら大阪根管治療センターへ

地下鉄心斎橋駅より徒歩1
06-4708-8894
  • 〒542-0081 大阪府大阪市中央区南船場4-5-8 ラスターオン心斎橋301
  • 平日19時30分まで ※土曜は午前診療のみ

「神経をとるってどういうこと?」

ブログ

「神経をとるってどういうこと?」

2017年06月12日

神経を取るという言葉を聞いたことがあるでしょうか。心斎橋にお住まいの患者さんの中にはより専門的な「抜髄」という用語や「根管治療」という用語を聞いたことがあるかもしれません。歯の神経というのはやや不正確な用語で正確には歯髄という部分を指す言葉で、大半の歯科医院では歯髄と呼ばずに神経と呼ばれていると思います。根管治療と神経のお話を詳しく説明したいと思います。

 

歯の内部には歯髄という神経と血管の塊が合わさっている組織があります。この部分に虫歯が到達し、歯髄が炎症を起こしてしまうと歯髄の除去が必要になります。歯髄は一度汚染されてしまうとなかなか元に戻すのが難しい組織なので、少しでも汚染されてしまった場合には歯髄を除去し治療を進める必要があります。このような歯の根の内部にある根管という管にある歯髄を除去し、根管の治療をするのが根管治療です。根管治療は歯髄を除去した後に歯髄が入っていた根管を綺麗に整形することから始まります。歯髄を細い針のような道具で除去し、その後太さの異なるドリルのような針金を使って根管を綺麗に整形していきます。根管の形が先細りの綺麗な形に整った後にしっかりと根管を綺麗にし、根管内にゴムのような材料を詰めて密閉します。こうすると根管内が清潔に保たれ、歯髄に病気が起こっても綺麗に治すことができます。

 

心斎橋にある多くの歯科医院で根管治療が行われています。根管治療について詳しく知りたかったり、根管治療を当院で希望される場合は是非一度ご相談ください。

「心斎橋駅」より徒歩1分
「四ツ橋駅」より徒歩3分
アクセス便利な矯正歯科医院

地下鉄各線のご利用がご便利です

心斎橋駅よりお越しの方
大阪市営地下鉄 御堂筋線・長堀鶴見緑地線「心斎橋駅」より徒歩1分
クリスタ長堀 北11番出口すぐ
四ツ橋駅よりお越しの方
大阪市営地下鉄 四つ橋線「四ツ橋駅」 1-A出口より徒歩3分 or
クリスタ長堀 北11番出口すぐ

pagetop