根管治療・歯内療法で専門医をお探しなら大阪根管治療センターへ

地下鉄心斎橋駅より徒歩1
06-4708-8894
  • 〒542-0081 大阪府大阪市中央区南船場4-5-8 ラスターオン心斎橋301
  • 平日19時30分まで ※土曜は午前診療のみ

「ラバーダムが重要!根幹治療で欠かせないラバーダムの重要性とは」

ブログ

「ラバーダムが重要!根幹治療で欠かせないラバーダムの重要性とは」

2017年05月19日

ラバーダムというのはお口の中にゴムのシートを敷き、歯だけを唾液や舌から隔離して行うための治療器具です。ラバーダムを正しく使えることで歯の治療を行うときに歯を汚染しなくて済みます。心斎橋にお住まいの患者さんの中には根管治療を受ける際に使ったことがある方もいるかもしれません。ラバーダムの重要性について説明したいと思います。

 

ラバーダムを使わない根管治療はそれだけで失敗の可能性があるというほど、ラバーダムは重要度が高く、根管治療に欠かせない選択肢と考えられています。根管治療は歯髄を取り除いたのちに根管の形を綺麗に整形し、その後根管内を消毒します。このときにラバーダムを用いないと歯髄の内部に様々な雑菌が入り込んでしまい、根管治療が失敗に終わる可能性があるのです。

 

このような根管治療の細菌の侵入を防ぐ上でラバーダムの治療は非常に重要な意味があると言われています。ラバーダムは歯一本をお口の中の唾液や舌から守り、その歯一本だけを消毒することができます。お口の内部にある様々な汚れから歯を守ることで消毒後の根管の汚染を防ぐことができるので非常に大きな意味があります。

 

海外ではラバーダムは当たり前のように利用されていて、現在日本でもラバーダムの浸透率が非常に高くなりつつあると言われています。ラバーダムを用いた診療で根管治療は成功に近づきます。歯科医院を選ぶときにはラバーダムをしっかりと使える歯科医院を選び、根管治療を受けるように心がけましょう。

「心斎橋駅」より徒歩1分
「四ツ橋駅」より徒歩3分
アクセス便利な矯正歯科医院

地下鉄各線のご利用がご便利です

心斎橋駅よりお越しの方
大阪市営地下鉄 御堂筋線・長堀鶴見緑地線「心斎橋駅」より徒歩1分
クリスタ長堀 北11番出口すぐ
四ツ橋駅よりお越しの方
大阪市営地下鉄 四つ橋線「四ツ橋駅」 1-A出口より徒歩3分 or
クリスタ長堀 北11番出口すぐ

pagetop